1. TOP
  2. 【2016年最新版】脱、三日坊主!1週間以上続く新年の目標を立てる12の方法。

【2016年最新版】脱、三日坊主!1週間以上続く新年の目標を立てる12の方法。

 2016/01/01 ♪オーディオブログ 日本文化 英語学習
この記事は約 9 分で読めます。 1,298 Views
申年、どう過ごしますか?
0101_top2
“How to make a New Year’s resolution
you won’t quit in a week.”
1週間以上続く新年の目標を立てる12の方法

 

🎍和の雰囲気を感じながら聴きながら読んでくださいね!

 

 

“promises you already know you are going to break”

長続きしないことがわかっている目標を立てることほど、新年を台無しにしてしまうものはありません。

充実した2016年を過ごすために欠かせない12の要素をまとめました!

参考:the guardian

 

☆はじめに

“With proper preparation and a little care,

the making and breaking of New Year’s resolutions can be both easy.”

新年の決意って「立てる」のも「こわす」のもどちらもEASY!

“ほんのちょっとのこと”を知っているかどうかで、目標の立て方もガラりと変わってきます。

 

 

1. Don’t choose too few

=「少なすぎ」はダメ!

0101_13

目標は少なければ少ないほど良い、絞りましょう。

と言われることが多いですが、あまりに厳選しすぎるのはかえってNG。

“at least a dozen resolutions” 最低でも12個

“preferably more” もっとあってもいいくらい。

目標が複数あると、いくつかは実現しそうになくても年間通してdisappointment落ち込む必要はなくなります。

 

 

2. Retrofit last year’s achievements

=去年の目標を “レトロフィット” 改良して再利用する

0101_7

複数立てる目標のうち最低でも3つは2015年に「手をつけた」目標にすると良いそうです。

“accidentally met” 予想していなかったけど偶然出会ったこと、でも “full status” 100%は到達していないこと。を振り返って考えてみましょう。

ちなみに私の目標は、ほとんどがコレです💡

2015年に変化があった人ほど、この要素が強いかもしれません。

 

 

3. Don’t let the drink dictate

ほろ酔い気分で立てた目標は目標にはカウントしない!

0101_12

「よし、こうしよう!」お酒を飲みながら立てた目標はカウント外です。

泣きながらの決意も、同じく。

(でもお酒飲んだ時って未来を語りたくなりますよね〜。しかし、あまりよろしくないそうです。残念!)

 

 

4. Resolutions made upon waking the next day are also non-binding

=二日酔いで目覚めた瞬間に誓ったこともまた、ノーカウント!

0101_4

いい気分で眠って目覚めた翌朝に立てた近いも “also non-binding” 拘束力の無い誓いと考えましょう。

“keep a cup of tea down” お茶を飲みながら心を落ち着かせた時こそ、自分の考えを整理する時間と言えます。

 

 

5. Avoid the top 10 resolutions

=みんなが目標にするようなTOP10は避けよう。

0101_10

losing weight(=ダイエット)、quitting smoking(禁煙)など誰もが誓う目標は出来るだけ避けましょう。

「あれ〜?今年こそ痩せる!って言ってなかったっけ?」

「ちょっと!禁煙するんでしょ!」

in mid February 2月の半ばくらいになって、目標にしたことを後悔し始めるかも…?

良い目標というのは

“peculiar enough that there is no Facebook group for it”

「フェイスブックのグループ検索で調べても、一つもグループが存在していないような珍しい目標。」だそうです。目安として使えそうですね!

 

 

6. Be realistic

=現実的であること

0101_5

「今年中に本を書く!」という目標ではなく、

「◯曜日に必ず◯◯◯語書く、書くためのアイディアを養うために×曜日には×××へ行って〜をして…」など具体的な落とし込みをした目標の立て方をしましょう。

achievable:達成可能で

incremental:定期的に積み上げられて

sticking:くっついて

向かっていけるような目標が理想です。

 

 

7. Aim for a preponderance of win-win resolutions

=目標は “WIN-WIN” なものにしよう!

0101_top

「lose weight」や 「Don’t〜」 のような 制限モノ、禁止モノよりも、未達成で終わったとしても収穫があるような目標を立てましょう。

例えば「50冊本を読む」

8月あたりになっても6冊しか読んでおらず、2016年で読めた本が結果10冊だったとしても、考え方によっては2015年の終わりから読んだ本が10冊“あった” 収穫が増えたことになります。

「引き算目標」よりも「足し算目標」の方が、

いざという時精神的な救いになるのかもしれませんね。

 

 

8. Consider 14 January Reset Day

=1月14日を「New New Year’s Day」と考える

0101_6

「今年は5キロ落とすって決めたのに、お正月食べ過ぎた…」

「朝活がんばる予定が、寝正月。。。」

あ〜、せっかくやる気になってたのに〜

これはもうムリだ!今年もダメかぁ。

…そう思うのはまだ早い!

新年から2週間は目標のお試し期間だと考えて、

1月14日に、もう一度目標の立て直しをしましょう。

Reset, and begin again.

リセットして、もう一度やり直せばいいのです。

2週間立った後にもう一度立ちかえりたくなった場合は旧正月を目安にするのもアリです。

今年のChinese New Yearは2月8日

しかしこれ以降は “I can’t help you. ” (=もうお助けできませんよ) とthe guardianのティムさんは言っています😅

 

 

9. Adopt the ‘Two-years’ resolution’

「2年間」目標という考え方

0101_9

楽器の演奏、仕事の昇格、受験の合格など、目標の中には1年間というよりは「2年間」という大きな目標で捉えた方が妥当なものも存在します。

例えば

「スターウォーズ/エピソード8の台詞をすべて聴き取れるようにする。そのためにまずは2016年、ep7のBlu-rayが出たら◯◯回は再生して音読を〜」

これも2年間目標の一つです。

(個人的な例ですね。すみません👽)

ゴールが2017年にあるものは、逆算して今年の目標にしましょう!

 

 

10. Don’t revisit old resolutions

=古い目標をやり直さないで!

0101_11

未達成に終わった目標は

“Consider it a failure forever.” 失敗だったと考えましょう。

「失敗」なんて聞くと、なんだかちょっとイヤな気分もしますが、落ち込む必要はありません。

「やり直す」ことが重要なのではなく「やり直さなくていい」「囚われなくていい」と自分を解放させてあげることが重要なんだそうです。

でもなんだかスッキリしない人は「達成したこと」を振り返ってみましょう。

するとちょっと気持ちが楽になるかもしれません。

失敗の分析も大切ですが、ゼロからスタートできる新しい気持ちになることって、たしかにとても価値がありますよね。

 

 

11. Exercise caution when making resolutions about social media

=SNS絡みの目標を立てる時こそ慎重に。

0101_15

spend less time on Twitter, Instagram, and Facebook.

「今年はSNSに費やす時間を減らす!」

「もっとリアルな人とのつながりを大切にする!」

今や世界中の人が掲げている目標かもしれません。

でも、本当に実現可能なのでしょうか???

「どうやって?」「どのくらい制限する?」

「制限できなかったら、どうすればいい?」「ルールを決める?」

こういった目標こそ、より具体的に、真剣に考えてみることが大切ですね。

2015年からブログもスタートさせた私には、spend less timeは到底無理な気がします。

どちらかというと、真逆。spend more time が目標になってしまう感じです。

でもその分、代わりに見えてくる目標があるはず。

しっかりと考えてみようと思います。

 

 

12. Lower your expectations

=あまり期待しすぎないこと!

0101_1

目標の到達度に対して、人の期待を求めすぎないのもコツのひとつ。

夏くらいになって「ねぇ、私の英語のレッスン、こんなに順調に進んでるよ!」とアピールしても、評価してくれる人もいれば「ふ〜ん」という反応の人もいるのが現実です。

他人の気持ちや熱は、案外読めません。

誰かと一緒に叶える目標と、自分一人だけでも実現可能な目標を分けて考えるのもポイントの一つかもしれません。

「あの時あんなにヤル気だったのに。。。」

期待しすぎて落ち込みたくないですよね😱

誰かと一緒に向かうゴールって、それでも最高!ですけどね🌸

 

 

☆まとめ

新年は自分を見つめ直すとっておきの機会!

どんな未来にするか、この機会にResolutionを立ててみるのはいかがですか?

↓記事全文はコチラで読めます(単語レベル:やや難)

the guardian『How to make a New Year’s resolution you won’t quit in a week.』

 

 

でも一番の目標はやっぱり英語?

今年こそ本気で英語やりたい!という方に…

フレーズ、おぼえよう!

▶︎WEB限定!5日で50フレーズを記憶できる!CD音声無料プレゼント

▶︎ユッキーのオススメ英語教材

英語でつぶやき中!
フォローしてね🐥

\ SNSでシェアしよう! /

英語教材プロデューサー/ユッキー先生のえいごの時間の注目記事を受け取ろう

0101_13

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語教材プロデューサー/ユッキー先生のえいごの時間の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yukki

yukki

英語教材プロデューサー、ナレーター、英語解説者。
留学なしで日本にいながら磨ける英語、楽しめる英語を日々探求中。

  • Groovy

    「ネイティブ」=「100%正しい英語教師」という過信が広まっていませんか?
    多くの日本人が母国語を誤認しているように、いや、それ以上にネイティブはいい加減な人が多いように思いました。
    I have been to Rome. と言ったら「それ間違ってるよ。I had been to Rome.」だと言われました。
    日本語に直せば、前者は「私はローマに行ったことがある」後者は「私はローマに行ったことがあった」で、後者のほうが意味合い的に近いようですが、英文法では、前者は現在完了形だから現時点までの経験を言っているけれど、後者は過去完了形だから過去のある時点までの経験を言っていることになると思います。
    したがって、後者は、過去のどの時点かというキーワードを、たとえば「I had been to Rome once bofore I was 20 years old.」のように付加しなければ文法的に成立しないのではないかと思いますが違うでしょうか?
    たぶん日常会話だけで、母国語の文法をしっかり勉強してこなかったネイティブではないかと思いますが、結構いますね、こういう人。
    ユッキーさんは、何パーセントのネイティブが正しい英語を理解していると思いますか?

    • yukki

      Groovyさん!

      お久しぶりです。コメントありがとうございます^ ^
      I have been to Rome. と had beenのエピソード、大変興味深いです。
      ネイティブの母語感覚って、本当に人それぞれですよね。

      正しい英語を理解し、実践されている方は、意外と5割もいらっしゃらないのかも?しれません。
      日本人でも、正しい日本語を使いこなせている人ってかなり少ない気がします。
      くだけ言葉や現代語を重視するのか、昔からの文法にのっとった英語を遵守するのか…
      せめて使い分けの共通認識があったらいいですよね。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 0304

    【図解!】英語指導者が考える、”出川イングリッシュ”の本当の凄さとは・・・?

  • 020410

    【発音実験★】全く同じ5つの英会話フレーズ、日本人が英米アクセントでよみ比べると…?

  • new

    親友でも恋人でもない、男同士のロマンス。オバマ大統領とバイデン副大統領を表す「かばん語」の物語。

  • 0108

    たった2語からできる!新年の目標英語でつくろう「超・カンタン」9パターン★

関連記事

  • 1211_0

    謎の単語「shukriya」の意味を突き止める!Facebookを入り口にしてゼロから外国語を学ぶ方法。

  • 0710_3

    【映像で感じて覚える英語】「〜の状態にする」接頭辞enから始まる英単語、12ワード。

  • 0613_6

    【全米で話題】12歳のウクレレ少女、グレースから学べる!英語表現33フレーズ。

  • 0627_2

    【話題の映像から英語を学ぼう】VRゴーグル初挑戦!お父さんに起きた災難とは…?

  • 0410

    丸暗記なんて必要なし!?英単語は接尾辞で意味を解読!〜um編〜

  • 0911

    「25年ぶりの優勝」「勝利投手は黒田投手」広島カープ優勝!英語でどう言う?今すぐ口に出したくなる3パターンを実際のファンの声で解説します。