1. TOP
  2. わかりやすい!アメリカの交通標識

わかりやすい!アメリカの交通標識

 2015/09/29 その他
この記事は約 2 分で読めます。 4,311 Views

0929_1

アメリカに行って最初に少しだけ戸惑ったのが道路の渡り方🏃

まず第一に押さえておかなければいけないポイントですよね!!!

信号機に赤・黄・緑が使われているのは日本と同じですが、歩行者側の表示が少し違います。

0929_2

渡ってはいけない時は赤い手(waitサイン)が出ますが、これが渡ってOKになると、白い歩行者の絵に変わります。そして渡っている途中で手の絵に戻り点滅し始めると「もうすぐ赤に切り替わります」のサイン。早く渡らなきゃ〜と小走りになりますが、点滅する手の横で残りの秒数がカウントダウンされるんですね💡 このおかげで赤になるまであと何秒あるのかがわかりやすく、少し安心しつつ時に焦りながら道路を渡ることができます。

0929_3

信号ではないですが、旅行中に見た表示や標識の中でわかりやすいなぁ〜と一番思ったのはこのスポット。ブルックリンブリッジです🌉

橋に入るまでに「歩行者はKEEP RIGHT、自転車はKEEP LEFT!」と何度も何度も登場し、橋に入ったところでは絵の表示もまた何回も出て来ます。

0929_4

確かに大量の人が行き来していて(それも写真をパシャパシャ撮りながら)整理されていないと大変なことになりそうでした。。。ちなみに自転車は歩行者が前方に歩行者がいたとしてもほぼスピードを落とすことなく通り抜けていてかなりビックリしました😱

0929_5

ブルックリンブリッジ付近ですが、こういった表示もありました。

アメリカは絵というより文字!といった感じで、文字でシンプルにバシッ!と説明された標識が多かったです⛔️

\ SNSでシェアしよう! /

英語教材プロデューサー/ユッキー先生の英語日記の注目記事を受け取ろう

0929_1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語教材プロデューサー/ユッキー先生の英語日記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yukki

yukki

英語教材プロデューサー、ナレーター、英語解説者。
留学なしで日本にいながら磨ける英語、楽しめる英語を日々探求中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • boy-666803_1280

    「ブラック企業」は英語で?

  • 6a023cff94eda0907e6202e1ba2b0df5_t

    「〆」のラーメンは英語で?頭痛headahceにaが付く納得の理由

  • 0304

    【図解!】英語指導者が考える、”出川イングリッシュ”の本当の凄さとは・・・?

  • 020410

    【発音実験★】全く同じ5つの英会話フレーズ、日本人が英米アクセントでよみ比べると…?

関連記事

  • NO IMAGE

    レシートにも想い出がたくさん・・・♪

  • 0927_1

    Refill Station

  • items1

    旅のお役立ちアイテム

  • 1014_4

    紙製ICカード!

  • 0930_4

    旅の交通手段

  • 0926_2

    COLORINGの秋?