1. TOP
  2. たった2語からできる!新年の目標英語でつくろう「超・カンタン」9パターン★

たった2語からできる!新年の目標英語でつくろう「超・カンタン」9パターン★

 2017/01/08 英語学習
この記事は約 18 分で読めます。 10,122 Views

使うのは超・シンプルな英単語!

目標、なりたい自分、やりたいこと、叶えたいこと、

全部英語にしてみませんか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-08-15-45-22

単語単語組み合わせるだけで完成。

英語で目標感を持っておくと、実行しやすくなるんです。

 

ちなみに上の絵↑は私が描きました!右下のシェーみたいな人は、worryingの象徴のつもりですが、悩みすぎではなく照れて困っている人に見えますね…😅難しい!絵を描くことも実は私の2017年の目標です。

 

 

Happy New Year!🎍

ユッキーです^^

新年早々、こんなこともしてみました!

0107_4

↑写経。

なかなか上手く書けず大苦戦。

いかに筆を使うことに慣れていないか(筆を使わなくなってしまったのか)に気づかされ、思うように書けない右手にキ〜ッ!!と思うと同時に、改めて筆って楽しいなぁと感じていました。先生が言われるにはポイントは1. 姿勢 2. 呼吸 3. 書き順(!)なのだそうです。

 

↓「今年の漢字」も書いてみました!

0107_5

酉年ということで、せっかくなら鳥にちなんだ漢字がいいなと思い、飛翔の「翔」翔ぶの「翔」にしてみました!ところどころ書き始めがブニョッとなってしまっているところがありますが、良しとしましょう🐓

 

さてそんな新年。人日の節句も過ぎ「もうフルスピードでバリバリやっています!」という方も、「まだまだお正月ボケ気味♪」という方も、今日はぜひ2017年にやりたいことについて考えてみませんか?1月は新しいことを始めるのにぴったりの月。新たな習慣を作り出すのに最適なタイミングです🌿

 

 

で考えてみよう!

英語で目標を立てたり、やりたいこと、叶えたいことを誰かに説明するのは、意外にも超・カンタンです。いろいろと探していたら、いくつかパターンが見つかったのでご紹介していきますね🌼

 

1. <初級>【more+名詞】パターン

出典:jp.pinterest.com/pin/149392912610038427/

 

とにかくカンタンでシンプルなものがいい!という人にオススメなのがこの形です。more(もっと、より〜)の後に名詞/名詞句をつなげるだけのシンプルな表現ですね。


(上から)

もっと 睡眠

もっと 音楽

もっと お茶

もっと 本(読書)

もっと 夕日

もっと 創作

もっと 長距離歩行

もっと 笑い

もっと ハグ

もっと 夢想

もっと ロードトリップ

もっと 楽しみ

もっと ラブ


もっと「たくさんの」と、“たくさんの”を入れるとイメージしやすいかもしれません。

moreの後には、好きなもの、人、活動、歌手の名前など、かなり具体的な名詞を入れてもOKです!

 

🌺(例)ユッキーの場合

MORE DRAWING

MORE COOKING

MORE MUSIC

MORE POLITICS

MORE ANIMALS

MORE WRITINGS

MORE SMILING

MORE RECORDINGS

MORE FLYING

MORE SINGING

MORE GREEN

MORE EFFECTS

MORE LITERATURE

 

…考えるの楽しいですね!

 

 

誰かに伝えたい時は?

▶︎wantを使ってフレーズ化しましょう!

どこかに書いておこう!貼っておこうという場合は上の画像のように「more+○○」が良いかと思いますが、誰かに説明したい時はI wantを前につけると「〜を手に入れたい」という文として完成します。

 

I want more drawing.

「もっと絵を描くことが欲しい」

ちょっぴり変な文ではありますが、会話の流れで敢えて使う場合もあります。

 

I want to draw more!

「もっと絵を描きたい」

こっちの方が自然ですね♪動詞を先に持ってきて、最後にmoreをつけることもできます。

 

 

2. <初級>【less+名詞】パターン

出典:jp.pinterest.com/pin/536632111824673381/

 

moreについて考えたなら、今度は真逆の意味【less(もっと少なく)】減らしたいものについても考えてみると面白いです。


(上から)

話すのは控える     聴くことを増やす

計画は控える      行動を増やす

炭酸は控える      お茶を増やす

ジャンクフードは控える サラダを増やす

批判は控える      励ましを増やす

心配するのは控える   信じることを増やす

だらだらは控える    もっと運動する

顔をしかめるのは控える もっとにっこりする

不安感を抱くのは控える もっと信頼する

弱々しくなるのは控える もっと自信を持つ

無関心、無視は控える  理解を増やす

憎むのは控える     愛することを増やす

感謝しないのは控える  もっと感謝心を抱く


 

自分の弱点、反省点について振り返ることができそうです☝

 

 

3. <中級>lessとmoreの組合せパターン

MOREとLESSについて考えたら、こんな風に組み合わせることもできます!

出典:jp.pinterest.com/pin/194640015118150413/

 

うまく組み合わさった例だ!と思って載せてはみたのですが、この人↑の人物像が気になってきました。


(上から)

睡眠を減らす

もっとコーヒーを飲む

もっと読書をする

もっとバイクに乗る

もっとハイキングをする

もっとスイミングもする

もっと犬

もっとアイスクリーム

もっと楽しむ

少数の人にする

“Bullshit”を減らす


探偵気分!?人の目標を見るのも楽しい。

「きちんと睡眠をとる、カフェインを減らす」といったことを目標にしたがる人が多い中で、この人は逆のことを言っています。ストイックなことがしたいのか、よほど睡眠をとりすぎていて、そんな自分を律したいのでしょうか?コーヒーについても、去年コーヒーのおいしさに目覚めたから、これからはもっと飲んでみたい、という考え方もできれば、だらだらしていた自分をシャキッとさせるために、睡眠も適度な時間に減らして、コーヒーも飲む。という考え方もできます。

 

バイク、ハイキング、スイミングと来て、愛犬家なこともわかります。そしてアイスクリームが好きらしい。もっと楽しみたい!と言っているのに、人は少数で良いと言っている。今年は浅い付き合いでなく、少人数でも深い付き合いをしていきたい、そんな人を見つけていきたい。Facebookとかで友達の数がとても多い人、という可能性もあります。そして極め付きは最後の”Bullshit”です。Bullshitは「バカやろう!」といった、ちょっと口の悪い言い放ちの言葉として使うこともあれば「戯言」「でたらめ」「でたらめを言う」という意味も持っています。Bullshitを減らしたい、というのは果たして「バカやろう!」「この野郎」といったような言葉を安易に放つ自分の言葉癖への反省なのか、それともでたらめを言うことを止めにしたいのか、気になるところです👀

 

こんな感じで、誰かの目標を覗き見(?!)してみるのも、英語の勉強として面白いですし、それ以上に想像が膨らんで楽しいかもしれません😎

最初の方↑に書いたMOREを使った私の目標にも、実はそれぞれいろんなストーリーがあります。

 

 

ここまではMOREとLESSを使った目標の立て方、やりたいことの表し方でしたが、ここからは少し変わります。より具体的に行動のイメージを持ちたい人はぜひ考えてみてくださいね♪

 

4. <中級>一般動詞+名詞or副詞パターン

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

 

ここからは動詞が頭にくるパターンです。どれも声に出して言いたくなる、力強い動詞ですね!


(上から)

持つ    希望を

試す    複数の新しいことに

ある    アクティブで

みる    良いところを

口に出す  「愛してる」をもっと

挑戦する  自分自身に

選択する  ハッピーであるために

食べる   良い方法で

楽しむ   今日を

許す    もっと速く

読む    もっと頻繁に

成る        ベストな状態の自分に


 

たったの単語2語。シンプルな組み合わせだからこそ、伝わってくる威力があります。こうやって日本語に訳してみても、十分ストレートに伝わってきますよね。あぁしたい、こうしたい、こんなことがやってみたい、ということこそ、モニャモニャ、だらだらと言うのではなく、短い言葉で言い切る。言い放ってみる。くらいが気持ちいいのかもしれません。

 

ちなみにこういった少ない単語の組み合わせは、いわゆる名スピーチと呼ばれるものでもよく出てくる表現方法の一つです。「あの言葉、よかったよね。」「この人のスピーチがすごい」と話題を呼ぶ場合、大抵そのフレーズは短文であることが多いんです☝

 

出典:tricks4english.files.wordpress.com

 

出典:searchenginepeople.com

 

ちょっと脱線。オバマ大統領のメッセージはなぜ「伝わる」のか?

人の心に突き刺さるメッセージというのは大抵、複雑な英語ではなく【短い】ことが多い。その理由は口に出す方も想いが整理されきっていて、最も感情を乗せやすい。だからこそ聞いている方にも伝わりやすい。言われてみるとそんな気がしてきませんか?日本語でも同じだと思います🌸

シンプル、分かりやすい、言い切りやすい、覚えやすいがゆえに、素晴らしいと称賛されるケースもあれば、反対に過激発言だとして問題にされるケースもあります。でもそこが面白いところでもあり、短ければ短いほど、想いが乗りやすいのはどちらも同じです。

ちなみにスピーチが素晴らしく上手いと言われているオバマ大統領は、とても長い文を読む時も、短い文を口にする時と同じように、その文の中でキーとなる言葉を、とても力強く届けています。聞いてみるとわかるのですが、かなり緩急がはっきりしていて、どこで文が切れているのかわからないような読み方がとても特徴的な大統領です。まだピリオドが来ていない文の途中で、ピリオドが来たかのように1、2秒空けたりすることが多々あるので、きっと伝わりやすいスピーチになっているのだと私は考えています。

 

英語はシンプルでも十分伝わること。パワーがあること。お分かりいただけましたか?

 

シンプルだけれど伝わる英語のパターン。まだまだあります。もう少し見てみましょう♪

 

 

5. <中上級>一般動詞+moreの組合せパターン

出典:jp.pinterest.com/pin/140737557081114451/

今度は動詞とmoreが組み合わさりました!


(上から)

手に入れる  もっと 睡眠

飲む     もっと 水

行う     もっと エクササイズ

読む     もっと

状態にする  もっと 整理された

キレイにする もっと 頻繁に

探検する   もっと

リラックスする もっと

持つ     もっと 忍耐を

忘れる   することを 「もっと」と

ベストを尽くすだけさ。


個人的には10番目の”FORGET DOING ‘MORE'”がとってもいいなあと思いました。「もっとやらなきゃいけない」とあまり考えないようにする、という目標です。

さて次はちょっと形が変わります。これもおもしろいですよ🙃

 

6. <中上級>比較級続出パターン

出典:jp.pinterest.com/pin/289356344794199039/

 

strong→stronger

brave→braver

kind→kinder

 

「er」をつけた比較級を使ったパターンです。


This is the year

今年はこんな年です

I will be 

私がこんな自分になる年です

stronger braver kinder

もっと強くてもっと勇敢でもっと優しく

& unstoppable 

そしてもう止められないくらいの勢いの自分に。

This year I will be

今年の私は

fierce

熱烈な私になります。


 

っっっかっこいいですね〜〜〜!

 

wantでなくwillを使う。

I will be 〜「私はこうなる」を使うと、wantとはまた違った凛々しさのような雰囲気が出てきます。willはこれからの未来に関して述べる時に使う単語でもありますが、「意思」「意志」の意味も持っているので、強く読んだり、心を込めて発したりすると、とても力強い印象が生まれるんですね。willってカッコイイんですよ〜!

 

 

7. <上級>一般動詞+前置詞+名詞+形容詞+副詞のバラエティセットパターン

最後に紹介するのは例えて言うなら、福袋、定食、詰め合わせギフト?みたいな感じのバラエティセットパターン。

語数が増えているようにも見えますが、難しく感じる必要は全くありません。よく見ると全部シンプルな英単語です。

出典:jp.pinterest.com/pin/326511041708239860/


(上から)

1. Drink a lot of water and green tea.

たくさんの水と緑茶を飲む。

2. Eat a big breakfast, average lunch & a tiny dinner.

大きな朝ごはんと、平均的な量のランチ、そして夕食はちょっとにする。

3. Eat fruits & vegetables+natural food.

フルーツと野菜+自然食を食べる。

4. go for a walk/ swim/bike ride

散歩/泳ぎ/自転車乗りに行く

5. read a book … or so

読書したり…他にもいろいろ読む

6. go to bed earlier.

早めに就寝する。

7. stop thinking negative thoughts about “yourself or others”.

“自分と他人”について考えて、否定的に考えることをやめる

8. don’t dwell on the past, turn it into art.

過去にとどまらない、アートに変える。

9. enjoy little things in life…

暮らしの中にある小さなことを楽しむ

10. Do not judge or compare yourself to others.

自分と他の人と比べたりジャッジしたりしない。

11. Begin yoga or meditation.

ヨガか瞑想を始める。

12. Do not put things off.

物事を先延ばしにしない。

13. Avoid processed food.

加工食品を避ける。

14. Stretch daily to increase flexibility.

柔軟性を増加させるために毎日ストレッチする。

15. Listen to peaceful music.

心安らぐ音楽を聴く。

16. Live in a t.i.n.y. space.

小さなスペースで生活する。

17. Wear clothes that make you happy.

ハッピーにしてくれる服を着る。

18. Throw away things you don’t need.

要らないものは捨てる。

19. Remember that all the efforts you are making now will pay in the end.

今やっているすべての努力は最後には報われることを常に覚えておく。

20. Go outside more.

もっと出かける。


 

…いい一年になりそうですね!

 

せっかくなので、番外編としてこんな考え方もあるよというものもご紹介しておきます🐦

 

8.<番外編>agreement(誓約)パターン

出典:jp.pinterest.com/pin/525302744008268785/

昔子供の頃に、書かされたような気がします😅私の実家には私の誓約書はありませんが、弟が書いたものがなぜか未だに貼りっぱなしになっています。確か「遅刻しない」とか「8:20には起きる」とかそう言ったことが書いてあった気がします。


(上から)

1. BE IMPECCABLE WITH YOUR WORD

言葉に正確性を持たせる

2. DON’T TAKE ANYTHING PERSONALLY

なんでも自分のことだと捉えすぎないこと

3.DON’T MAKE ASSUMPTIONS

思い込みはやめる

4. ALWAYS DO YOUR BEST

常にベストを尽くす


結構ストイックな感じがしますね!

 

 

9. <番外編>How to〜(方法)パターン

こんなパターンもあります。ちょっとおもろいです。SF好きの人は好きかもしれません✨

出典:jp.pinterest.com/pin/446067538070567755/


(上から)

セルフヘルプ

時を止めるには:キス。

時空を旅するには:本を読む。

時間から逃げ出すには:音楽。

時間を感じるには:書くこと。

時間を解放するには:深呼吸する。


私は小説でも映画でも、時間モノがとにかく好きなので(時空の旅をしたり、時間をひっくり返したりとか….)この「時」をテーマにしたSelf-helpはかなり好きですね✨5つともカッコいいですが、時を止めるにはキスをするなんて、これ考えた人誰なんだろう、とちょっと気になります。ドキッとさせるロマンチックなかっこよさがありますね!

 

 

英語はシンプル。何語かの組み合わせ!

出典:openclipart.org/image/2400px/svg_to_png/221308/Two-Women-Two-Puzzle-Pieces-Silhouette.png

例えばMORE WATERのように2語の組み合わせもあれば、Remember that all the efforts you are making now will pay in the end.のように、つないでつないで形式の英語もあります。でもどれもパズルのように、1語やってきて次、そのまた次に続くのは?とピースをはめていっているだけです。

そしてこの感覚を、最近とても分かりやすい形で体現した方がいます。

出典:1.bp.blogspot.com

それはピコ太郎さん🖊🍎

あのpenとappleがガチャンと結合する「ン!」の感覚です。

どんな英語もまさにあの感覚。ン!と結合させる、結合させることを続けていくと、どんな人でも想いを英語にしたり、英作文ができるようになります。

「英語にする」と聞くとつい構えてしまう、という方も多いかもしれませんが、やっていることはシンプルで楽しいことなんですね♪

 

スタートしたばかりの2017年。

今日ご紹介した9つのパターンの中から、ぜひあなたも自分だけの英語を作り出してみてはいかがでしょうか?

 

 

こちらの記事もオススメです♪

【2016年最新版】脱、三日坊主!1週間以上続く新年の目標を立てる12の方法。

過激発言だけとは限らない!トランプ氏が発した「勇気が出る」一言とは・・・?

 

【七夕の願い事、英語で?】使える3つの英単語☆

 

 

なるほどスッキリ!願いを込める英単語「wish」と「hope」その違いは?

 

 

 

フレーズ、おぼえよう!

▶︎WEB限定!5日で50フレーズを記憶できる!CD音声無料プレゼント

\ SNSでシェアしよう! /

英語教材プロデューサー/ユッキー先生のえいごの時間の注目記事を受け取ろう

0108

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語教材プロデューサー/ユッキー先生のえいごの時間の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yukki

yukki

英語教材プロデューサー、ナレーター、英語解説者。
留学なしで日本にいながら磨ける英語、楽しめる英語を日々探求中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 0304

    【図解!】英語指導者が考える、”出川イングリッシュ”の本当の凄さとは・・・?

  • 020410

    【発音実験★】全く同じ5つの英会話フレーズ、日本人が英米アクセントでよみ比べると…?

  • new

    親友でも恋人でもない、男同士のロマンス。オバマ大統領とバイデン副大統領を表す「かばん語」の物語。

  • 0108

    たった2語からできる!新年の目標英語でつくろう「超・カンタン」9パターン★

関連記事

  • 0104

    1月3日のUターンラッシュ!新幹線駅構内のアナウンスを同時通訳してみました。

  • 0616_1

    今日から英語が100倍楽しくなるお話。Can I〜? と May I〜? その違いをしつこく分析しました。

  • 1126_3

    世界中を魅了する「アマンリゾート」が教えてくれた、たった一言で人の心をつかむ方法。

  • 0621

    英語学習の動機付けに効く♪名前に “english”が付く音楽とアーティスト10選。

  • 0914_3

    「英検よりもTOEIC」は本当?今更ながら社会人が【英検1級】に挑む価値ある2つの理由、合格対策レポ。

  • 1104_1

    英会話をしにミッキーマウスへ会いに行く。